HOME   >   観光   >   一面ピンクの絨毯!ひがしもこと芝桜公園

一面ピンクの絨毯!ひがしもこと芝桜公園

北海道の春のおでかけはどこがいいかと調べていたら出てきた、 こちらの公園。 大空町にあり、芝桜が満開のときは一面ピンクの絨毯のようです。
2018年05月23日 更新
39 views

一面坂道に広がった、ピンクの絨毯。

東藻琴芝桜公園の主役は、芝桜です。

もともとの始まりは、終戦直後、花好きな農家の若者が植えた、1株の芝桜だったといいます。

 

中鉢末吉さんは、22年この芝桜を管理していました。

最初、彼は、こつこつと芝桜を運び、自宅に10アールのミニ芝桜公園を作りました。

それを見た、藻琴山温泉管理公社が、芝桜で、村の憩いの場を作って欲しい、と頼んだのがきっかけだそうです。

 

機械も使えない、急斜面の小高い丘で、こつこつと一株一株、芝桜を植えていったそうです。

今では中鉢さんは引退していますが、色々な人の手によって、

ピンクの絨毯は人々に憩いの場を提供しています。

 

見頃の時期は5月下旬~6月上旬です。年によって差があるので調べてからいくといいです。

 

また、公園には、バンガロー、釣堀、キャンプ場なども設置されていて、

レジャー施設としての人気もあります。

 

 

開花状況などはこちらから

http://www.shibazakura.net/index.html