HOME   >   観光   >   アイヌの文化に触れ合える。アイヌ民族博物館

アイヌの文化に触れ合える。アイヌ民族博物館

北海道はもともとアイヌ民族が暮らしていた土地。 彼らの暮らしを体験できる博物館です。
2020年11月27日 更新
340 views

北海道といえば、アイヌ民族が生活していた土地。

今では、アイヌの人々の暮らしや文化を体験できる施設が
ポロト湖畔に復元され、博物館になっています。

アイヌ民族と暮らしてきた北海道犬にも会うことができます。

博物館は、自由見学で茅葺屋根の家や、
手工芸の実演、貸衣装、野草園、クマ、北海道犬のコーナーがあり、

また、古式舞踊公演も行われています。

要予約、別料金になりますが、体験学習もあります。


アイヌ古式舞踊は、お話と舞踊、セットで25分のプログラムです。

お話は茅葺きのチセ(家)の中で、アイヌの人々の生活や、風習についての
説明があり、

踊りは重要無形民族文化財に指定されている、アイヌ古式舞踊の中から
数曲披露しています。


体験学習は、アイヌの弦楽器、トンコリの演奏体験、
ムックリの製作、伝統料理や、文様の刺繍や彫刻があります。

 

楽器の演奏、とても面白そうです。

また、親子で楽しめるプログラムですね。


059-0902 北海道白老郡白老町若草町2-3-4
TEL 0144-82-3914

開館時間/8:45〜17:00
休館日/年末年始 12月29日〜1月5日