HOME   >   観光   >   旭山動物園のみどころ!パート2

旭山動物園のみどころ!パート2

引き続き旭山動物園のみどころを紹介します。
2018年11月13日 更新
102 views


○もうじゅう館

旭山動物園が閉園の危機を乗り越えるきっかけになったのが、
このもうじゅう館です。

ライオン、アムールトラ、アムールヒョウ、ユキヒョウ、エゾヒグマ
がいます。

アムールヒョウは、日本に数頭、世界にも数十頭しかいない、
絶滅危惧種です。

ここ、旭山動物園でみれるのは、大変貴重な機会です。
出てくる時間が決まっているようで、午後からは大体お昼寝タイムのようです。

ここ、もうじゅう館の行動展示は、動物を下から見上げるような設計が
されています。

アムールヒョウ、ユキヒョウは、下から見ることができ、肉球も
しっかり見ることができます。


普段、昼間寝ている姿を見るばかりの彼らを、下から見ることができるところが
もうじゅう館の魅力です。


○レッサーパンダの吊り橋

もうじゅう館とほっきょくぐま館の間にあるレッサーパンダの吊り橋。

来園者の頭上を通り、橋を渡るレッサーパンダは
頭上からこちらを覗き込んだり、愛らしい姿を見せてくれます。

これは、レッサーパンダが木登りが得意なことを利用していて、
たまたま近くに木があったことが、つくるきっかけになったそうです。

○ペンギンのお散歩

大人気のこのイベントはキングペンギンが餌をとりに集団で海まで
歩く習性を生かして、冬季期間中の運動不足解消として始められました。

約40分間程度のイベントになっています。

雪の状態で終了時期は変わってしまうので、いく前にリサーチしましょう。


2007年から、ジェンツーペンギンもお散歩に加わり、
キングペンギンと違って、好奇心旺盛で来園者の方に寄っていく
姿が見られます。

また、新雪が好きで、飛び込んでいくペンギンもいるそうです。


散歩に参加するペンギンは、その日の気分で、全員というわけではないようです。

散歩コースはその年によって変更されているようで、
コースには赤いラインが引かれています。