HOME   >   グルメ   >   年中牡蠣が食べられる!厚岸の牡蠣

年中牡蠣が食べられる!厚岸の牡蠣

牡蠣といえば私は思いつくのは広島だったりしますが、 北海道にも牡蠣のスポットがあります。 しかも、年中!
2020年10月23日 更新
274 views

北海道で年中牡蠣が食べられるのは、厚岸(あっけし)という場所。

北海道の東部、釧路と根室の中間にあたります。

ここは、独特な自然環境により、牡蠣が、一年中出荷できる場所です。

淡水と海水が交じり合う環境で、牡蠣の餌、植物プランクトンがよく育つからだそう。

そんな環境であるので、厚岸の牡蠣はふっくらと大きく、コクと甘みがあります。

 

牡蠣で有名な場所なので、ブランドもカキえもん、マルえもん、ナガえもんと、

厚岸の牡蠣は3つあります。

 

そして、牡蠣のおまつりまで行われます。

●あっけし桜・牡蠣まつり

5月中旬~下旬、桜の名所である、子野日公園で開催します。

●あっけし牡蠣まつり

10月初旬から10日間。

 

牡蠣ラーメンや、牡蠣弁当などが販売されているほか、アサリ汁など、他の海産物も

販売されています。

 

道の駅で牡蠣が食べられたり、牡蠣の町である、厚岸。

牡蠣好きなら一度行ってみたい場所ですね。